へーベルハウスの口コミや評判

       
公開日:2023/04/01   最終更新日:2023/10/26

へーベルハウスの画像

建物の特徴 地震、火災、風水害に強い構造
分譲地の特徴 記載なし
住宅性能 ALCコンクリート・へーベルと高性能断熱材を組み合わせた二重構造により、長期にわたる高い断熱性能を実現。
アフターサービス 60年無料点検、相談・定期点検の窓口による24時間365日受付体制
実績
※受賞歴、販売戸数など
記載なし
問い合わせ 電話 TEL:048-643-6540
会社情報 旭化成ホームズ株式会社
埼玉支店 営業課 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-10-16 シーノ大宮ノースウィング7F

ヘーベルハウスは旭化成ホームズ株式会社が展開する戸建て住宅の名称です。ヘーベルハウスの「へーベル」は軽量気泡コンクリートのことです。外壁や床、屋根にへーベルを使用した重量鉄骨構造の家づくりが得意で、耐久性と耐震性能の高さがセールスポイントです。今回はそんなヘーベルハウスの特徴を詳しく紹介します。

おすすめの分譲住宅業者の詳細はコチラ

高技術で建てるから災害に強い

ヘーベルハウスを手掛ける旭化成ホームズ株式会社は、昭和47年に創業した、数多くの戸建て住宅・注文住宅の建築実績を持つ有名ハウスメーカーです。ヘーベルハウスの家づくりのコンセプトは、人生100年時代に備えた「災害に強く」「快適な居心地で」「将来もずっと安心して住める」家です。

ヘーベルハウスが対象とする災害は「地震」「火災」「風水害」の3つです。ヘーベルハウスは高い技術力を駆使して、これらの災害に対して、ダメージを最小化できるような家づくりをおこなっています。

日本列島は太平洋プレートとフィリピン海プレート、ユーラシアプレートなど多くのプレートの境界に位置しているため、プレート同士の摩擦による地震が頻繁に発生しています。そんな日本で安全に生活していく上では、国民一人ひとりが地震対策をとる必要があります。住まいについては、揺れから暮らしを守り抜く強靭な構造躯体をもつことが望ましいでしょう。

ヘーベルハウスでは、重鉄制震・デュアルテックラーメン構造やハイパワード制震ALC構造、重鉄・システムラーメン構造といった耐震性の高い建築構造を採用しています。特に重鉄制震・デュアルテックラーメン構造は耐震性に優れた構造で、強靭な柱と梁で重鉄構造を支え、独自の制震フレームと組み合わせることで建物を地震の被害から守ります。

ヘーベルハウスの住宅では「火災」への対策もとっています。首都直下M7クラスの地震被害を想定した時、焼失棟数は揺れによる全壊の2倍以上に達します。ヘーベルハウスでは部屋を区切る壁や床の石膏ボードに不燃性のものを設けて、内部から出火した場合に隣室や上下階への燃え移りを抑止しています。

鉄やアルミニウムなどの金属素材は高温になると急速に強度が低下して軟化してしまいますが、コンクリートは強度が変わらない火に強い最適な構造材料です。火災発生から消防車が来るまでの間、時間が経過するほど被害は拡大しますが、耐火性の強い素材を採用していれば、被害の拡大を最小限にとどめられます。

ヘーベルハウスの「へーベル」はドイツ語で「Autoclaved Lightweight Concrete(ALCコンクリート)」という意味で、ヘーベルハウスは名前の通りALCコンクリートを用いた家づくりを得意としています。ALCコンクリート・へーベルは過酷な耐火実験をクリアした国土交通省大臣認定の防火構造部材でもあり、高度な耐火性を発揮します。災害時の住人の安全を守ってくれる、安心して住める家だと言えるでしょう。

また、台風や洪水といった風水害に対しては屋根や外壁のダメージを軽減する工法や独自の外壁塗装を採用することで高い防水性能を保ち、雨水の侵入を防ぎます。

断熱性の高さが快適性を生み出す

快適に過ごせる家の条件として、断熱性の高さは必須です。断熱性が低い建物は外との温度差がなく、夏は暑くて冬は寒い家になってしまいます。エアコンなどで温度をコントロールしても効果が薄く、光熱費がかさんでしまうでしょう。

断熱性が高ければ省エネ効果が得られるだけでなく、室内の快適性の向上や、健康への貢献も期待できます。断熱性が高い家は内部の湿度をコントロールしやすいので、カビやダニの発生を抑えられるからです。また換気システムがしっかりしていれば、室内の空気の質を保てます。

ヘーベルハウスではALCコンクリート・へーベルと高性能断熱材を組み合わせた二重構造により、長期にわたる高い断熱性能を実現しています。また、独自開発した断熱材「ネオマフォーム」は100ミクロン未満のきわめて微細な気泡で構成された断熱材で、外気からの影響を最大限に和らげる効果をもちます。

最高ランクの断熱性能を導入することで、家庭で消費する冷暖房などのエネルギー消費量の削減が期待できるでしょう。

また、ヘーベルハウスでは快適な居心地を追求するため遮音性や空間設計性、住環境シミュレーション、環境配慮といった点からもアプローチをおこなっています。住人にとって快適な空間を実現によりストレスのない毎日を過ごせることは大きな魅力です。

再生可能エネルギーを導入した家づくりにも注力しているため、災害時のエネルギー確保やサステナブルな社会実現の貢献といった側面でもメリットが得られます。

防犯性に優れていて将来のリフォームもしやすい

ヘーベルハウスの家は、鉄骨と剛床システムを組み合わせた頑強な構造が強みです。壁や仕切りが少ない設計にも対応できるため、将来の間取りの変更に柔軟に対応できることも魅力です。

たとえば、子育て中と、子どもが独立した後の夫婦だけの時間では、理想的な間取りが異なります。親子のコミュニケーションを重視した間取り、適度な距離を保った心地よい関係を維持できる夫婦の間取り、といったようにライフスタイルに合わせた空間の設計を自由におこなえます。

ヘーベルハウスでは独自の長期間にわたる調査研究に基づいて、安心・快適に住み続けられる防犯設計も導入可能です。開口部の強化、敷地の防犯環境設計、用心習慣のサポートなどで、敷地内に不審者が入りにくく、狙われにくい環境を構築します。

おすすめの分譲住宅業者の詳細はコチラ

まとめ

旭化成ホームズ株式会社が展開する、戸建て住宅・注文住宅「ヘーベルハウス」の特徴を紹介しました。「へーベル」はドイツ語でALCコンクリートを意味し、名前の通りALCコンクリートを用いた家づくりを得意としています。

旭化成ホームズは創業50年の歴史を持つ老舗ハウスメーカーで、その知見を活かした高い技術の家づくりが特徴です。耐震性・耐火性・防水性の高さによる安全性の確保、断熱性・遮音性・環境配慮の適用による快適性に合わせて、防犯性とリフォームの自由性が高い設計により長く住み続けられることが魅力です。

分譲住宅業者選びで後悔しないためには?

「住宅購入で失敗しないか心配」 「分譲住宅購入はなにから始めればいい?」 「マイホームは欲しいが、分譲住宅が自分に合っているかわからない」 購入するにあたって数々のご不安があるかと思います。

そのような方に向けておすすめの分譲住宅業者を紹介しております。 迷われている方は一度おすすめの業者を探してみてはいかがでしょうか?

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

分譲住宅という名前を聞いたことがあっても、どのようなものか具体的に説明できない人は多いです。土地と物件をセットで売っている住宅というイメージが強いですが、分譲住宅はそれ以外の特徴や意味を持ち

続きを読む

分譲住宅は、土地と建物がセットで販売されている一戸建ての住宅です。しかし、分譲住宅を購入するメリット・デメリットを深く理解している人は多くありません。そこで本記事では、分譲住宅の購入のメリッ

続きを読む

「そろそろマイホームが欲しい」と、分譲住宅の購入を検討している方は多いでしょう。そんな分譲住宅について調べていると「仲介物件」と「売主物件」の2つの言葉を目にすることはありませんか?聞いたこ

続きを読む

住宅は、注文住宅、分譲住宅、建売住宅とさまざまな種類があります。これからマイホーム購入を検討している方は「注文住宅はわかるけど、分譲住宅と建売住宅って同じじゃないの?」と思う方もいるでしょう

続きを読む

「住宅購入」と一口に言っても、注文住宅、建売住宅、分譲住宅、分譲マンションと、さまざまな種類があります。注文住宅や建売住宅はイメージできても、分譲住宅と分譲マンションの違いが判らないという方

続きを読む

分譲住宅は、住宅を所有する選択肢のひとつです。住宅は一生のうちで一番高い買い物であるため、分譲住宅を購入する際は信頼できる業者を見つけることが重要です。理想の住まいを入手するために、自分にあ

続きを読む

住宅購入を検討している方、分譲住宅はいかがでしょうか。大宮区の分譲住宅販売会社は、それぞれ高品質な住宅を提供し、幅広いライフスタイルを提供しています。信頼できる業者を選ぶことで、安心できる快

続きを読む

マイホームの購入を検討している方の中には、分譲住宅を探している方も多いでしょう。最近は注文住宅のようなおしゃれな分譲住宅が増え、分譲住宅を販売する住宅会社も増えています。そのため、どこの住宅

続きを読む

新築一戸建てを購入するとき、分譲住宅を購入することを検討する方は多いでしょう。分譲住宅は、住宅会社によってデザインや間取り、設備が異なるため、どこの住宅会社を選ぶかどうかが重要になります。そ

続きを読む

マイホームを購入する際に重要なのは予算です。分譲住宅は、同じハウスメーカーであっても面積や立地条件などで価格が大きく変わるため、事前にマイホーム購入に必要な費用について知っておくとよいでしょ

続きを読む