【メリット・デメリット比較】分譲住宅とマンションならどちらを選ぶ?

       

公開日:2023/09/15  最終更新日:2023/07/13

分譲住宅 マンション

「住宅購入」と一口に言っても、注文住宅、建売住宅、分譲住宅、分譲マンションと、さまざまな種類があります。注文住宅や建売住宅はイメージできても、分譲住宅と分譲マンションの違いが判らないという方も多いでしょう。そこで本記事では、分譲住宅と分譲マンションの違いと、それぞれのメリット・デメリットを徹底比較します。

分譲住宅と分譲マンションの違いとは

分譲住宅と分譲マンションはどのような違いがあるのでしょうか?分譲とは、土地をいくつかに分けて販売することです。そして、分譲した土地に一戸建てがついたものを分譲住宅、一棟のマンションを一戸ごとに分譲して販売したものを分譲マンションといいます。

これから家を購入したいという方は、分譲住宅と分譲マンションどちらを購入するか悩む方も多いはずです。では、それぞれのメリットとデメリットを比較していきましょう。

分譲住宅のメリット・デメリット

前述したように分譲住宅は、分譲した土地に一戸建てがついたものを指します。どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット1注文住宅よりコストを抑えられる

分譲住宅は、注文住宅よりコストを抑えられるというメリットがあります。それは、建築会社が大きな土地をまとめて購入し、それを分譲しているため、土地が安く手に入るからです。

また、分譲地に建てる家は似たようなコンセプトやデザインの家にすることが多いため、建築資材もまとめて仕入れられます。したがって、注文住宅と同じ仕様のグレードでも、分譲住宅のほうが安くなるのです。

メリット2実際に目で見てから購入できる

分譲住宅は、すでに建物が建ってから販売されています。そのため、購入する前に間取りやデザインを目で確かめられるのが大きなメリットです。注文住宅よりも、新居での暮らしをイメージしやすいでしょう。

メリット3入居までの流れがスムーズ

入居までの流れがスムーズなのも、分譲住宅のメリットです。前述したように購入時にはすでに建物が建っているため、契約してから入居までのスケジュールを立てやすくなります。注文住宅の場合、明確にいつ入居できるかが契約時にはわからないため、確実に入居したい日や時期が決まっている方は、分譲住宅がよいでしょう。

メリット4街並みになじんだデザイン

分譲住宅は、開発される時点で街づくりの計画も含まれています。そのため、街並みになじんだデザインになっていることが多いです。

また、分譲住宅は不特定多数の人に販売するため、万人受けする間取りやデザインが採用されています。そのため、いずれ売却することになっても、買い手が見つかりやすいでしょう。

メリット5土地の資産価値が残る

住宅は、時間がたつとともに建物の資産価値が下がっていきます。

しかし、土地の資産価値は下がりません。そのため、土地という資産を残したいという方は分譲住宅がおすすめです。

デメリット1間取りやデザインが決まっている

分譲住宅のデメリットは、間取りやデザインがあらかじめ決まっていることです。家を購入するなら、理想の間取りやデザインにしたいという方にとってはデメリットになるでしょう。

また、間取りやデザインとともに、施工会社も決まっています。施工会社は後から変更できないので、分譲住宅を探すときは、土地や建物だけでなく、施工会社のこともよく把握しておきましょう。

デメリット2建築年数がたっている場合がある

販売されているすべての分譲住宅が新築とは限りません。分譲住宅のなかで売れ残ってしまったものだと、建築年数がたっている場合があります。そのため、新築の一戸建てが欲しいという方は注意しましょう。

デメリット3施工経過が見られない

分譲住宅はすでに建物が建っているので、施工経過が見られないのがデメリットでしょう。安心して分譲住宅を購入するためには、信頼できる施工会社を選ぶことが大切です。

分譲マンションのメリット・デメリット

分譲マンションは、一棟のマンションを一戸ごとに分譲して販売されたマンションです。マンションの一部屋を購入する場合は、分譲マンションということになります。そんな分譲マンションのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット1住宅設備や共用部分の設備が充実している

分譲マンションは、住宅設備や共用部分の設備が充実しているというメリットがあります。近年人気のファミリークローゼットや食器洗い乾燥機、広いバルコニーがついている物件も多いです。

また、豪華なロビーやゲストルーム、コンシェルジュサービス、ラウンジ、ジム、プールなど、マンションによって共用部分のグレードが高いところもあります。

メリット2セキュリティ対策が万全

分譲マンションは、セキュリティ対策が万全です。オートロックはもちろん、防犯カメラが設置されていたり、警備員が常駐していたりと、厳重なセキュリティ対策がされています。マンションによっては、エレベーターに乗るときもキーが必要なところもあるほどです。

メリット3リフォームやリノベーションが可能

分譲マンションは持ち家となるため、リフォームやリノベーションが可能です。そのため、住宅設備や内装を好みのスタイルに変更できます。将来子どもが生まれるなどしてライフステージが変わったときも、分譲マンションならライフスタイルに合わせたリフォームやリノベーションが可能です。

メリット4自分の資産となる

分譲マンションは、購入した住戸が自分の資産となります。ローン返済後に賃貸に出して収益化することも可能です。

デメリット1購入費以外に維持費がかかる

分譲マンション最大のデメリットといえるのが、購入費以外に維持費がかかることです。月々の管理費のほか、修繕積立費も支払わなければいけません。もちろん、一戸建てと同じように、固定資産税や都市計画税などの税金もかかります。

分譲マンションを購入するときは、購入費以外の維持費も考慮した資産計画が必須です。

デメリット2管理規約に従わなければならない

分譲マンションは、自分の資産になるとはいえ、マンションの管理規約に従わなければいけません。マンションの管理規約は、マンションに住む住人同士が快適な暮らしをできるように定められています。

管理規約は分譲マンションによって異なりますが、リフォームできる範囲や、飼えるペットの種類、ゴミ出し時間の制限といった規約が多いです。そのため、分譲マンションを購入する前に、必ず管理規約を確認しましょう。

まとめ

分譲住宅と分譲マンションのメリット・デメリットを解説しました。分譲住宅も分譲マンションも、土地を分譲し、そのうちの一戸の住宅のことを指します。分譲住宅の場合、注文住宅よりコストを抑えながら、街並みになじんだ質の高い一戸建てに住めるでしょう。一方分譲マンションは、共用部分の設備やセキュリティ対策といった、マンションならではのメリットがあります。ぜひ理想の暮らしをイメージして、自分に合った住宅購入を検討してみてください。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

住宅は、注文住宅、分譲住宅、建売住宅とさまざまな種類があります。これからマイホーム購入を検討している方は「注文住宅はわかるけど、分譲住宅と建売住宅って同じじゃないの?」と思う方もいるでしょう

続きを読む

「住宅購入」と一口に言っても、注文住宅、建売住宅、分譲住宅、分譲マンションと、さまざまな種類があります。注文住宅や建売住宅はイメージできても、分譲住宅と分譲マンションの違いが判らないという方

続きを読む

分譲住宅は、住宅を所有する選択肢のひとつです。住宅は一生のうちで一番高い買い物であるため、分譲住宅を購入する際は信頼できる業者を見つけることが重要です。理想の住まいを入手するために、自分にあ

続きを読む

住宅購入を検討している方、分譲住宅はいかがでしょうか。大宮区の分譲住宅販売会社は、それぞれ高品質な住宅を提供し、幅広いライフスタイルを提供しています。信頼できる業者を選ぶことで、安心できる快

続きを読む

マイホームの購入を検討している方の中には、分譲住宅を探している方も多いでしょう。最近は注文住宅のようなおしゃれな分譲住宅が増え、分譲住宅を販売する住宅会社も増えています。そのため、どこの住宅

続きを読む

新築一戸建てを購入するとき、分譲住宅を購入することを検討する方は多いでしょう。分譲住宅は、住宅会社によってデザインや間取り、設備が異なるため、どこの住宅会社を選ぶかどうかが重要になります。そ

続きを読む

マイホームを購入する際に重要なのは予算です。分譲住宅は、同じハウスメーカーであっても面積や立地条件などで価格が大きく変わるため、事前にマイホーム購入に必要な費用について知っておくとよいでしょ

続きを読む

東急リバブル株式会社 上尾センター:〒362-0036 埼玉県上尾市宮本町3-1 第2大松ビル3階 電話番号:0120-938-109 営業時間:10:00~18:00 定休日:毎週火曜日・

続きを読む

建物の特徴 「設計性能評価」と「建築性能評価」2つの住宅性能評価を取得しており、安心・安全の住居を提供している。 分譲地の特徴 記載なし 住宅性能 働くママに優しい家をコンセプトとしており、

続きを読む

建物の特徴 耐震等級3をクリアできるように全棟計算を実施。 分譲地の特徴 記載なし 住宅性能 収納力が高く、大きな家具を必要としないプランを実現。 アフターサービス 長期30年保証、定期点検

続きを読む